MENU

天秤

債務整理の手続き方法

自己破産は債務者の経済的な再生を図る制度であるため、よほど悪意的な免責不許可事由のあるケースでもないと、申立てが認められています。ちなみに、自己破産の申立者の9割は財産が全くないため、同時廃止として処理されています。

スーツの男性

債務整理を検討中の方へ

カードローンや住宅ローンの返済など借金問題で行き詰っているのであれば、債務整理の経験豊富な弁護士に相談してみるのがよいといえます。自己破産や民事再生、任意整理といった手法の中から最適な解決方法のサポートをしてくれます。

弁護士バッジ

借金支払いを法的に免除

自己破産は、借金が法的に免除になる手続きです。個人では手続きが難しいので、弁護士に依頼をするのが一般的です。弁護士は、債務整理に強い事務所を選びます。弁護士費用も高額ですので、分割払いに対応している事務所を選ぶことです。

ジャッジガベル

希望の光が差し込む相談

債務額の全てが免除される自己破産は、裁判所に申し立てなければなりません。弁護士にまずは相談することで、スムーズに申し立てられます。弁護士報酬は30万円から40万円が相場となっており、分割払いが可能です。

男女

専門家への依頼も考える

借金の返済がかなり厳しい場合は自己破産も検討したいところです。実際の手続きには法律の知識も必要となり、個人で解決するのは難しいものがあります。スムーズな解決を期待するならやはり法律事務所への相談がおすすめです。

借金で悩んでいる人へ

男性

法律事務所へ相談しよう

現在の日本は銀行カードローンや消費者金融、信販会社のキャッシングなど個人が比較的簡単にお金を借りることが出来る環境が整っているといえます。カードローンやキャッシングは、基本的に無担保かつ保証人も不要で、迅速な審査で融資を受けることができます、親族や親しい友人であっても借金の保証人はお願いし辛いものですので、保証人不要で借りられるのは利用者にとっては非常に便利なサービスであるといえます。しかし、計画的に利用しないといつの間にか借入金額が膨らんでしまい、金利負担が重くのしかかることとなります。元本が減らず多重債務状態に陥ってしまうと自力で完済の道筋を立てるのが困難となります。そうした場合、債務整理の実績が豊富な法律事務所などの専門家に相談をしてみるのがよいといえます。債務整理には、任意整理や民事再生、自己破産といった手法があります。自己破産と民事再生は裁判所での手続きが必要であり、任意整理は個別の債権者ごとの協議が必要になるといった特徴があります。どの債務整理の手法がよいかについては、自己破産をして一から出直すのがよいケースもあれば、マイホームを維持するために民事再生を選択するのがよい事案もあります。経験豊富な専門家であれば、その人の借金額や資産状況、本人の意向も踏まえて最適な債務整理の方法を提案してくれます。借金問題で行き詰り、自己破産すべきかどうか悩んでいるのであれば、まずは法律の専門家である弁護士に相談をしてみることを強くお勧めします。