MENU

希望の光が差し込む相談

ジャッジガベル

少額管財事件は弁護士だけ

債務が免除されるのが、債務整理の1つである自己破産です。全債務が0になるため、借金問題を一気に解決できます。大きなデメリットがない反面、裁判所に申し立てを行う必要があります。専門的な知識と経験が必要不可欠なため、弁護士のサポートを受けましょう。裁判所も弁護士への相談を推奨しており、サポートを受けることでスムーズな申し立てが可能です。弁護士への自己破産の相談は、一般的に無料となっています。お住いの地域の弁護士会に相談すれば、自己破産手続きを得意とする最寄りの弁護士事務所を紹介してもらえます。多くの方が気になるのは、弁護士へ支払う報酬でしょう。弁護士報酬の相場は、同時廃止事件が30万円前後、少額管財事件が40万円前後です。同時廃止事件とは、財産がない方の自己破産。一方、少額管財事件とは、財産のある方の自己破産です。少額管財事件は弁護士しか扱うことができないため、必ず弁護士に相談するようにしましょう。報酬が高いように思えますが、報酬の分割払いが可能です。また、収入の状況に応じて柔軟に対応する弁護士事務所が多く、報酬の支払いに困ることはありません。着手金が無料の事務所もあるため、手元にお金がない方も自己破産が可能です。まずは無料相談をし、報酬の見積もりを依頼されてはいかがでしょうか。借金問題は、1人で抱えたままでは解決しません。然るべき対処をすることで、必ず解決します。弁護士は、他の債務整理の任意整理や個人再生、過払い金返還請求にも対応しています。1日も早く相談することが、借金問題解決への近道です。