MENU

債務整理を検討中の方へ

スーツの男性

専門家に相談しよう

現在の日本では、大企業に就職したからといって必ずしも終身雇用が約束されたとはいえない時代となってきています。リストラによる転職や給料カットの影響による生活費の一時的な補てんのため、カードローンや消費者金融のキャッシングを利用し始める家庭も少なくないといわれています。そして、一時的な利用のつもりがいつの間にか借入額が膨らんで返済に行き詰るケースも少なくないといわれています。また、右肩上がりの給料体系を前提として住宅ローンを組んだものの、給料が思うように伸びなかったりボーナスカットなどで住宅ローン返済に行き詰るケースも少なくないといえます。借金返済に行き詰まり、自分だけではどうにもならない状況に追い詰められているのであれば、債務整理の実績が豊富な弁護士に相談してみるのがよいといえます。債務整理には任意整理や民事再生、自己破産といった手法があり、経験豊富な弁護士であれば状況に応じて適切な債務整理の手法についての助言と手続きの代行をしてくれます。自己破産というとネガティブなイメージを持つ人もいますが、自己破産は借金を整理して生活を立て直すために法的に認められた制度ですので、借金苦でどうにもならない状況であれば早めに専門家に相談するのがよいといえます。借金の減額が必要であるがマイホームを守るために自己破産だけはしたくないのであれば民事再生という手法もあります。いずれの債務整理の手法についても自分だけで金融機関などの債権者との交渉は困難ですので、一度弁護士に相談してみるのがよいといえます。